ゴルフ

大本 研太郎 Kentaro Omoto

ゴルフプロコーチ

1974年1月18日生まれ。
18歳からゴルフを始め、研修生、ミニツアーを経験後、ティーチングレッスンとしての活動を開始。スイング解析・コースレッスンで実践的なレッスンを行う一方で、4スタンス理論を習得し、スイング改善への応用にも力を入れている。
2012年4月、パターレッスン専用スタジオ「パットラボ」を開設。スコアメイクに重要なショートゲーム改善の研究を進め、特に重要性の高いパッティング指導に力を入れる。技術だけではなく、豊富な知識と理論的データに基づくレッスンには、全国から生徒が通っており、高い信頼を得ている。
2013年5月、「GPC恵比寿」を開設。初心者からトップアマ、プロまで、個々のレベルやカラダのタイプに合わせたレッスンを行っています。

目指すべきはティーチングではなくコーチング!バランス脳を鍛えるゴルフのスペシャリスト



水泳の経験も生かして、アスリートに必要なメンタル、フィジカル面のアドバイスも積極的に取り入れています。
スポーツのパフォーマンスを上げるためには、脳をいかにコントロールできるかが大切です。ゴルフは、ボール数を打てば上達する訳ではありません。
脳が認めてくれる練習が必要なんです。
スイングでは、グラビティーメソッドを提唱。重心をコントロールできればスイングがコントロールできるようになります。
手先の動きではなく重心バランスを整えることで、自然に手やクラブのポジションが適正の位置におさまるようになります。
ゴルフに必要なバランス脳を鍛えていきます。
ゴルフはスポーツ産業の中では一番大きな市場となっており、生涯スポーツであるゴルフを通して、多くの方にスポーツをする事の楽しさ、ゴルフをする事の楽しさを伝えたいと思っております。

Activity Report




Q and A



Other Professor

Professor Index