篠笛

狩野 泰一 Yasukazu KANO

篠笛奏者、篠笛講師、音楽プロデューサー

13歳でドラムを始め、一橋大学在学中にライブ活動を開始する。ニューヨーク留学中、自己のアイデンティティーに目覚め帰国。1987年「鼓童」のメンバーになって以来、カーネギーホールを始めとする世界20カ国で1000回を超える公演に参加し、1997年に独立。
佐渡島に暮らしながら日本古来の「篠笛」の可能性を広げ、2005年ヤマハからメジャーデビュー。多くのCDの他、篠笛の教則DVD、CD付き楽譜集、写真エッセイ等を出版。「篠笛講座」を全国、世界で展開して笛、祭文化の再興、再創造に尽力し、「鳥笛ワークショップ」等で自然の素晴らしさ、大切さを伝えている。
これまで世界30カ国で2000回を越える公演をし、NHK『日本の話芸 テーマ曲』他、テレビ、映画、演劇等の音楽プロデュースも手がけている。天皇皇后両陛下の御前演奏、ミラノ万博2015出演も務め、東京ドームで空手の世界チャンピオン宇佐美里香とコラボ他、南こうせつ、サリナ・ジョーンズ、河村隆一、伊藤君子など多くのア-ティストと共演している。
中西圭三(歌)、宮本貴奈(P)との『WA-OTO』も好調。
2017年3月8日にヤマハからCD『SOUND OF THE WIND』をリリースし、好評を得ている。

「篠笛」の新たな音世界を広げて世界30カ国で2000回を越える公演を行い、「篠笛講座」を全国、世界で展開して笛、祭文化の再興、再創造に尽力している、篠笛のスペシャリスト



狩野 泰一(篠笛奏者、篠笛講師、音楽プロデューサー)篠笛とは篠竹に穴を開けたシンプルな横笛。日本で生まれ育った唯一の楽器と言えるでしょう。先人達から様々な事を学び、30年間、篠笛で声のように歌う方法論を極めてきました。自然の篠竹に穴を開けた篠笛は、人を癒し、時に鼓舞し、想像力を掻き立てる無限の可能性があります。その篠笛を通して、世界の人々、様々なジャンルの方々と共に新しい音楽を創造し、後世に残る篠笛の文化を伝えていきたいと思っています。そして、笛吹きがいなくなり、お囃子がカセットテープやリコーダーに代わり、衰退の危機に瀕している全国の祭りを復興させる活動を、ライフワークとして行っています。

Activity Report




Q and A



Other Professor

Professor Index